合同会社として会社設立するメリットは?

今までなら会社設立するなら株式会社というケースが多かったのですが、近年は合同会社を設立しようという方も増加傾向にあります。
なぜ増加してきているのかというと、株式会社と比較して合同会社の方がメリットがあるからです。
会社設立を考えているのなら安易に株式会社を選択するよりも、業務内容によっては合同会社の方が適している可能性が考えられます。
そこで合同会社には、どのようなメリットがあるのかを知っておくことも、参考として必要なことです。

合同会社で会社設立するメリットは、会社設立費用が株式会社よりも約14万円程度安くなることです。
安くなる内訳は、会社設立登記に必要な登録免許税の下限額が6万円と決まっていることや、定款の認証が必要ないのでその費用の5万円が浮きます。
また電子定款にすれば定款印紙代の4万円も不要になって、会社創業時で資金が不足がちな時期において大きなメリットになります。
それから決算の公告義務がないので官報掲載費の約6万円が必要ないですし、役員任期の制限がないので定款の書き換え費用の6万円も必要ありません。
このようにランニングコストも安く済む点もメリットと言えます。

合同会社の場合は出資の比率に関係なく社員の間で利益分配を自由に決めることもメリットになります。
また会社の社員以外の利害関係者に左右されることなく意思決定がスムーズにできて経営の自由度が高いこともメリットです。
それから個人事業主と違って会社設立することで資金調達の幅が広がることもメリットにつながります。

株式会社と税制が同じなので個人事業主よりも節税ができることもメリットですし、安い費用で株式会社への移行が可能なこともメリットと言えます。
このように比較的多くのメリットが、合同会社として会社設立することで得られるのです。
ただメリットがある一方でデメリットもあることは確かなので、両方をしっかりと理解した上で適切な判断をすることも大切なことです。