合同会社と株式会社の共通点と相違点を知って会社設立を

一般的に会社設立を考える際は、株式会社という会社形態を選択するケースが多いです。
しかし、2006年の会社法改正で合同会社という新しい会社形態が登場したことから、株式会社か合同会社かどちらを選択するのか迷うことも少なくありません。
そこで、株式会社と合同会社の共通点は何なのか、また株式会社と合同会社の違いは何なのを知っておくと、会社設立する際の参考の情報として役立ちます。

まず共通点ですが、株式会社も合同会社も営利を目的とした法人であって、法人税の課税対象となる点があります。
これにより同じ規模の収入を上げたのであれば、個人事業主と比較して節税対策の幅が広がるのです。
また、社員1人から会社設立することができて社員数の制限がない点も共通していますし、どちらであっても会社の基本情報は、商業登記により法務局で一般に公開されています。
それから債務については、株式会社も合同会社も出資した以上の責任を負わない有限責任で、営利法人なので所属している社員などに対して利益を分配することが認められます。

一方、株式会社と合同会社の相違点としては、株式会社に存在する取締役や執行役といった役職者は合同会社には存在しないという点です。
つまり、合同会社の社長に該当する代表者というのは、代表社員を名乗って社外に向けて代表という立場で活動するのです。
資金調達のついても相違点があって、株式会社の場合は新株を発行して出資を募ることができるので、返済義務のない資金調達が可能と言えます。
また株式市場に上場することで機関投資家や一般投資家などからも広く出資を募ることができるのです。
これに対して合同会社の場合は、株式会社のように株式を発行する形で資金調達することができません。
資金が不足した場合には現状の社員から出資を募ったり、新たな社員を迎え入れて出資を受けたりすることになります。

株式会社と合同会社の大きな相違点と言えるのが、ルールの自主自律性です。
このように共通点と相違点があることを理解して、会社設立する際にどちらを選択するのかを検討すると良いです。