合同会社の会社設立登記をするために必要な書類

合同会社として会社設立登記をするために必要となる書類は、株式会社として会社設立する場合と比較してかなり少ないです。
それでも合同会社設立登記申請書として、登録免許税貼付台紙・会社保存用と法務局提出用の定款・出資金払込証明書・代表社員の印鑑証明書などを作成する必要があります。
それぞれの書類の内容や作成方法などについて、しっかりと理解しておくと書類の準備もスムーズに進みます。

登録免許税貼付台紙は、A4用紙1枚に必要な収入印紙を貼りつけます。
定款は、株式会社と違って定款認証は不要なので、作成したものをそのまま添付することになります。
出資金払込証明書は、各出資者から払込を受けた金額を書面にまとめると共に、払込者の銀行名・支店名・口座番号・名義・払込日・払込者・払込金額(明細)がわかる通帳のコピーを用意します。
これらを製本して最後に会社代表印で契印を押します。

代表社員の印鑑証明書は代表社員が個人の場合に必要となって、代表者印が法人の場合はその法人の登記事項証明書と印鑑証明書の2つが必要になります。
それから、合同会社設立登記申請書に記載する会社の基本事項については、長文になるので別添にするのが一般的です。
別添は紙かCD-Rなどの磁気ディスクで提出しますが、CD-Rなら表面に商号を記載したシールを貼っておきます。
会社代表印の印鑑届出書も別添する書類で、法務局にある書類に記載して会社代表印と代表者個人の実印を押印して作成します。

それから、これらの書類以外にもそれぞれのケースに応じて必要となる書類があるので、事前に法務局に確認しておくのがベターです。
定款で所在地を詳細に記載していない場合に、必要となる書類が代表社員決定書です。
発起人が代表社員か業務執行社員を務めて、さらに定款でその定めが記載されている場合は不要ですが、就任承諾書が必要になるケースもあります。
その他、資本金の額の計上に関する証明書・財産引継書・委任状なども、書類として必要になることがあります。