合同会社アップルの概要

アップルと聞いて、何の会社か知らない人はほとんどいないでしょう。
今や世界で一番時価総額の大きい会社に成長しました。

1977年1月3日設立当初はApple Computer, Inc.という名称でした。
発足当初から株式会社です。
その後大きな躍進を遂げて、アップルといえばコンピュータというイメージを定着させるのに成功しました。

2007年1月9日にはApple Inc.という社名に代わりました。
2012年には、マイクロソフトを超えて世界一の会社になりました。
アップルの本社は今も株式会社のままです。

日本では1983年6月21日にアップルコンピュータジャパン株式会社が設立されました。
この当時はアメリカ本社もApple Computer, Inc.だったので、自然な流れでできた社名であり形態でした。

1992年2月には日本法人はアップルコンピュータ株式会社に変更されました。

2007年に、アメリカ本社がApple Inc.変更されたのを受けて2007年3月1日にアップルジャパン株式会社と変更されました。
日本でもアップルといえば高機能のタブレットというイメージは出来上がっています。
かじりかけのリンゴのようなロゴデザインを思い浮かべる人も少なくないでしょう。

2006年に日本で新たに会社法が施行され、合同会社という新しい会社形態が誕生しました。
合同会社は株式会社よりも設立費用やランニングコストが安い上に、経営の自由度が高いことが注目されるようになりました。

2011年10月30日に、Apple Japan合同会社を設立してアップルジャパン株式会社を吸収合併しました。
そのため、アップルジャパン株式会社は消滅しました。

合同会社を設立して株式会社をつぶしてしまったのです。
法的規制の多い株式会社よりも、自由に運営できる合同会社にすることによって経営の効率化を図ったものと思われます。

アメリカの大企業が日本法人を作るときには合同会社にする傾向があります。
西友はウォルマートの傘下にあって正式名称は合同会社西友です。
またAmazon.com, Inc.の日本法人はアマゾンジャパン合同会社です。
ちなみに、グーグルはアメリカの本社がGoogle LLC、日本法人はグーグル合同会社(英名Google Japan LLC)です。
今後もますます、合同会社の数は増えてくるものと思われます。

現在日本では、株式会社よりも合同会社の方が信用度が低いようなイメージを持つ人もありますが、現実には名だたる大企業が合同会社の形態を選択しているという事実も見逃せません。

合同会社の会社設立した際の体験談を参考に

合同会社を設立するための登記申請に必要となる書類は、株式会社と比較して少ないですが、全てをひとりで作成するのはやはり大変です。
どのような内容の書類が必要で、どのような記載の仕方をすれば良いのかなど、初めてのことばかりで苦労してしまいます。
ただ、WEB上には会社設立をひとりでやったという体験談や口コミも数多くあることを考えれば無理な話ではないとも言えます。
実は特別な事柄やコツはないので、会社設立の手続きをすべて個人で行ことも可能なのです。
“合同会社の会社設立した際の体験談を参考に” の続きを読む

合同会社の会社設立の大まかなスケジュールは?

合同会社を設立するまでの大まかな流れをつかんでおくと、会社設立のスケジュールを立てやすいですし、会社設立の手続きもスムーズに進めることができます。
合同会社設立のスケジュールですが、まずは本店をおく所在地の管轄法務局がどこにあるのかを調べておくことをおすすめします。
各都道府県の中でも各地域に支局が設置されているので、最寄りの法務局を事前に確認しておくと良いです。
“合同会社の会社設立の大まかなスケジュールは?” の続きを読む

合同会社の会社設立登記をするために必要な書類

合同会社として会社設立登記をするために必要となる書類は、株式会社として会社設立する場合と比較してかなり少ないです。
それでも合同会社設立登記申請書として、登録免許税貼付台紙・会社保存用と法務局提出用の定款・出資金払込証明書・代表社員の印鑑証明書などを作成する必要があります。
それぞれの書類の内容や作成方法などについて、しっかりと理解しておくと書類の準備もスムーズに進みます。
“合同会社の会社設立登記をするために必要な書類” の続きを読む

合同会社として会社設立するための準備

合同会社を設立する場合には、会社登記をするために必要な書類の作成や、それに記載する内容を決めなければなりません。
会社設立時はとても多忙な時期ですから、事前に準備できるものは少しずつでも準備しておくことも必要で、そうすることで会社設立もスムーズに進みます。
“合同会社として会社設立するための準備” の続きを読む

合同会社として会社設立する際の手間を短縮するのなら司法書士へ依頼を

個人事業主ではなく合同会社という会社形態で活動するメリットは大きいので、会社設立を検討する方も少なくありません。
ただ、合同会社として会社設立するためには、設立登記をはじめとして面倒な手続きが多くあります。
自分で全ての手続きをすることは可能ですが、プロセスを熟知している司法書士に頼ってみるのもひとつの選択肢で、自分で手配するよりもスムーズに進みます。
“合同会社として会社設立する際の手間を短縮するのなら司法書士へ依頼を” の続きを読む

合同会社と株式会社の共通点と相違点を知って会社設立を

一般的に会社設立を考える際は、株式会社という会社形態を選択するケースが多いです。
しかし、2006年の会社法改正で合同会社という新しい会社形態が登場したことから、株式会社か合同会社かどちらを選択するのか迷うことも少なくありません。
そこで、株式会社と合同会社の共通点は何なのか、また株式会社と合同会社の違いは何なのを知っておくと、会社設立する際の参考の情報として役立ちます。
“合同会社と株式会社の共通点と相違点を知って会社設立を” の続きを読む

合同会社とその社員の定義とは?

会社を設立する際の形態としては、株式会社・合同会社・合名会社・合資会社といった4種類があって、会社法によりそれぞれ規定されています。
その中のひとつとなる合同会社とは、2006年に施行された新会社法によって認められた新しい会社の形態で、有限会社の代わりとして登場しました。
“合同会社とその社員の定義とは?” の続きを読む

合同会社として会社設立するデメリットは?

合同会社として会社設立することには数多くのメリットがあることから、株式会社ではなくて合同会社で会社設立する方も増えてきています。
しかし、メリットがある一方でデメリットもあって、合同会社として会社設立することのデメリットも理解しておく必要があります。
“合同会社として会社設立するデメリットは?” の続きを読む

合同会社として会社設立するメリットは?

今までなら会社設立するなら株式会社というケースが多かったのですが、近年は合同会社を設立しようという方も増加傾向にあります。
なぜ増加してきているのかというと、株式会社と比較して合同会社の方がメリットがあるからです。
会社設立を考えているのなら安易に株式会社を選択するよりも、業務内容によっては合同会社の方が適している可能性が考えられます。
そこで合同会社には、どのようなメリットがあるのかを知っておくことも、参考として必要なことです。
“合同会社として会社設立するメリットは?” の続きを読む