会社設立のお祝いにお花を


 
合同会社など会社設立に伴いお祝いのお花を贈ることもあるでしょうが、贈り物の選び方やマナーを理解して行うことが大事です。
会社設立のお祝いにお花・観葉植物・酒類などを贈るのが一般的で、お祝いことでは縁起をかついだり語呂合わせをしたりするといったものが好まれます。
例えば、お花を贈る場合は白い胡蝶蘭の鉢植えが定番で、これはその業界や地域に根付くという意味を込めているのです。
また胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくるというもので、商売繁盛・繁栄・発展につながることから会社設立の贈り物として向いています。

ただ、会社の理念やコンセプトが込められているコーポレートカラーやブランド色のお花をお祝いで贈るのもひとつの選択肢です。
他社から届く白い胡蝶蘭の中に、別の色合いのお花があるとインパクトがありますし、コーポレートカラーならとても喜ばれます。
このように、定番の胡蝶蘭を贈る場合でもコーポレートカラーのお花を贈る場合でも、注意しなくてはならないのが赤はNGということです。
これは、赤字を連想させるのでタブーとされていますから、胡蝶蘭を贈る場合も赤いラッピングは避けた方が良いでしょう。
また、白い胡蝶蘭の鉢植えの本数にも注意が必要で、4本立てや9本立ては死・苦に通じて縁起が悪いので、3本立て~5本立ての鉢植えがおすすめです。
一般的な3本立て~5本立ての胡蝶蘭の市場価格は約2万円~3万円程度で、会社設立のお祝いの相場的にもピッタリで人気になっています。
ちなみに会社設立のお祝いの相場は、個人なら約10,000円~15,000円程度、グループで贈る場合は約20,000円~30,000円程度、取引先の場合では約10,000円~50,000円程度です。

胡蝶蘭などのお花を会社設立のお祝いで贈る際には、木札をつけるのが一般的で特にビジネスシーンでは必要不可欠です。
木札の内容としては、誰が贈り主か分かりやすくするために、お祝いの文言+贈り主名の形で贈ることが定番になっています。
また送り先が親しい方の場合には、木札ではなくてメッセージカードを添えてお贈りすることも可能で、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えやすいです。
ただし、メッセージカードにタブーな言葉を書いたり、否定的な表現をしたりすることは避けましょう。
それから会社設立のお祝いを贈る時期ですが、記念日の1週間前~当日までに贈ると良いですし、会社設立の式典やイベントがある時は開催前日までに届くように贈ると良いです。