定款の認証を受ける際の手数料!費用を抑えるにはどうしたらいい?

 
会社設立をするときは定款の認証を受けなくてはなりません。
定款の認証を受けるためには、必ず公証人の認証を受けなければなりません。
その際、公証人の手数料として費用が発生します。
その手数料の費用と、定款の認証を受ける際に費用を抑えられる手段について見ていきましょう。

 
・定款の認証では公証人の手数料が絶対必要!
定款の認証を受けるためには、公証人の認証が必要でその手数料として50,000円の費用がかかります。
「50,000円ってかなり高額じゃないの?」、公証人の手数料がかからないようにする手段はないのと思い人もいますが、この手数料は絶対に必要なものです。
定款の認証には他にも収入印紙代や、設立登記申請用の謄本を用意してもらうための手数料なども発生します。
これらをすべて合わせると、定款の認証だけで90,000円程度の費用がかかると言われています。

 
・定款の認証を受ける費用を抑えるにはどうしたらいい?
定款の認証を受けるだけで90,000円の費用がかかるのですが、費用を抑える手段はあるのでしょうか。
そもそも手続きは専門家に依頼をするよりも、自分で行った方が安く手続きが出来ると思っている人も多いですが、すべてに対してそうとは限りません。
専門家に依頼をしても公証人の手数料や、設立登記申請用の謄本を用意してもらうための手数料などの費用を抑えることは出来ないのですが、収入印紙代の40,000円を抑えることが出来ますよ。
専門家の場合は電子定款によって認証を行うため、用紙で手続きを行う際に発生する収入印紙代が必要なくなります。
また、安く依頼できる事務所であれば、自分で定款の認証を受けるよりも費用を抑えて手続きを完了させることが出来ますよ。

 
このように定款の認証を受けるには、公証人の手数料は絶対となります。
しかし、専門家に依頼をすれば収入印紙代の40,000円を抑えることができ、実質定款の認証を受けるのに必要な費用は50,000円程度となります。
尚、専門家に定款の認証を行ってもらう場合は、代理で行ってもらう手数料として200,000円程度の費用がかかると思っている人も多いですが、格安の料金で定款の認証を行ってもらうことも出来ますよ。
安いところでは7,000円~10,000円程度の料金で定款の認証を行ってくれる事務所もあり、自分で定款の認証を受けるよりも安く手続きを済ませられますよ。
料金が安い場合は60,000円程度で手続きを完了させられるので、専門家に依頼をして安く費用を抑えたいという場合は格安の事務所を探してみましょう。