会社設立のお祝いにお花を


 
合同会社など会社設立に伴いお祝いのお花を贈ることもあるでしょうが、贈り物の選び方やマナーを理解して行うことが大事です。
会社設立のお祝いにお花・観葉植物・酒類などを贈るのが一般的で、お祝いことでは縁起をかついだり語呂合わせをしたりするといったものが好まれます。
例えば、お花を贈る場合は白い胡蝶蘭の鉢植えが定番で、これはその業界や地域に根付くという意味を込めているのです。
また胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくるというもので、商売繁盛・繁栄・発展につながることから会社設立の贈り物として向いています。

ただ、会社の理念やコンセプトが込められているコーポレートカラーやブランド色のお花をお祝いで贈るのもひとつの選択肢です。
他社から届く白い胡蝶蘭の中に、別の色合いのお花があるとインパクトがありますし、コーポレートカラーならとても喜ばれます。
このように、定番の胡蝶蘭を贈る場合でもコーポレートカラーのお花を贈る場合でも、注意しなくてはならないのが赤はNGということです。
これは、赤字を連想させるのでタブーとされていますから、胡蝶蘭を贈る場合も赤いラッピングは避けた方が良いでしょう。
また、白い胡蝶蘭の鉢植えの本数にも注意が必要で、4本立てや9本立ては死・苦に通じて縁起が悪いので、3本立て~5本立ての鉢植えがおすすめです。
一般的な3本立て~5本立ての胡蝶蘭の市場価格は約2万円~3万円程度で、会社設立のお祝いの相場的にもピッタリで人気になっています。
ちなみに会社設立のお祝いの相場は、個人なら約10,000円~15,000円程度、グループで贈る場合は約20,000円~30,000円程度、取引先の場合では約10,000円~50,000円程度です。

胡蝶蘭などのお花を会社設立のお祝いで贈る際には、木札をつけるのが一般的で特にビジネスシーンでは必要不可欠です。
木札の内容としては、誰が贈り主か分かりやすくするために、お祝いの文言+贈り主名の形で贈ることが定番になっています。
また送り先が親しい方の場合には、木札ではなくてメッセージカードを添えてお贈りすることも可能で、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えやすいです。
ただし、メッセージカードにタブーな言葉を書いたり、否定的な表現をしたりすることは避けましょう。
それから会社設立のお祝いを贈る時期ですが、記念日の1週間前~当日までに贈ると良いですし、会社設立の式典やイベントがある時は開催前日までに届くように贈ると良いです。

合同会社と一般社団法人


 
会社には大きく分けると4種類存在しています。1つ目は最も有名で以前からも存在していた株式会社ですが、この株式会社は実質社長や会長が会社で最も大きな発言権を持っているわけではなく、株主が最も大きな発言権を持っているのです。
そのため、株主総会で経営者を後退させることも簡単にできると言えるでしょう。

このような手法で日本の会社は外資に吸収されているのが現状です。
次に合同会社ですが、合同会社は少ない人数で経営していることが多い上に、株式は一切関係ないので、外資に乗っ取られるようなことも無ければ、吸収合併されることもありません。

これが合同会社のメリットなのですが、逆に株式会社よりも国の支援などの保証が少なくなっているので、経営難になると厳しくなります。
3つ目は合資会社ですが、基本的には合同会社と同じであるものの、出資者の数が2名以上必要になります。

最後の4つ目は合名会社ですが、この合名会社は個人事業主に近いので、現在では殆ど存在していません。
会社の種類にはこの4つが存在しており、どこの会社も一長一短が存在しています。

そんな会社がよく加盟しているのが、一般社団法人などですが、おそらく名前ぐらいは聞いたことがある人もいるでしょう。
しかし、どのような団体なのかはよく知らないという人が多いでしょうが、このような団体も大きく分けると3種類存在しているのです。

1つ目は特定非営利活動法人ですが、最近はNPO法人と呼ばれることが多いでしょう。
最近は何でもアルファベットで訳されることが多く、よく意味のわからない言葉が蔓延しています。

特定非営利活動法人というのは、都道府県知事や政令指定都市の市長の承認を受けている団体のことです。
ボランティア色の強い法人と言われているものの、実際は不法な方法を行う企業が多いのが現状だと言えるでしょう。

2つ目は先ほども少し触れた一般社団法人ですが、知事や市町の承認も一切不要ですし、特に公益性があるわけでもないので、設立数も多くなっていると言えるでしょう。
最も加盟しやすい法人となっているので、合同会社のような小さな会社を設立する場合に加盟することが多くなっています。

最後の3つ目は一般財団法人ですが、こちらはあまり知名度がある方ではありません。
設立されたのは一般社団法人と同じく2008年なので、比較的新しくなっています。

やはり知事や市町の承認には不要ですが、法務局で設立の登記を行う必要が出てくるのです。
そう考えると一般社団法人が最も加盟しやすいと言えるでしょう。

合同会社アップルの概要

アップルと聞いて、何の会社か知らない人はほとんどいないでしょう。
今や世界で一番時価総額の大きい会社に成長しました。

1977年1月3日設立当初はApple Computer, Inc.という名称でした。
発足当初から株式会社です。
その後大きな躍進を遂げて、アップルといえばコンピュータというイメージを定着させるのに成功しました。

2007年1月9日にはApple Inc.という社名に代わりました。
2012年には、マイクロソフトを超えて世界一の会社になりました。
アップルの本社は今も株式会社のままです。

日本では1983年6月21日にアップルコンピュータジャパン株式会社が設立されました。
この当時はアメリカ本社もApple Computer, Inc.だったので、自然な流れでできた社名であり形態でした。

1992年2月には日本法人はアップルコンピュータ株式会社に変更されました。

2007年に、アメリカ本社がApple Inc.変更されたのを受けて2007年3月1日にアップルジャパン株式会社と変更されました。
日本でもアップルといえば高機能のタブレットというイメージは出来上がっています。
かじりかけのリンゴのようなロゴデザインを思い浮かべる人も少なくないでしょう。

2006年に日本で新たに会社法が施行され、合同会社という新しい会社形態が誕生しました。
合同会社は株式会社よりも設立費用やランニングコストが安い上に、経営の自由度が高いことが注目されるようになりました。

2011年10月30日に、Apple Japan合同会社を設立してアップルジャパン株式会社を吸収合併しました。
そのため、アップルジャパン株式会社は消滅しました。

合同会社を設立して株式会社をつぶしてしまったのです。
法的規制の多い株式会社よりも、自由に運営できる合同会社にすることによって経営の効率化を図ったものと思われます。

アメリカの大企業が日本法人を作るときには合同会社にする傾向があります。
西友はウォルマートの傘下にあって正式名称は合同会社西友です。
またAmazon.com, Inc.の日本法人はアマゾンジャパン合同会社です。
ちなみに、グーグルはアメリカの本社がGoogle LLC、日本法人はグーグル合同会社(英名Google Japan LLC)です。
今後もますます、合同会社の数は増えてくるものと思われます。

現在日本では、株式会社よりも合同会社の方が信用度が低いようなイメージを持つ人もありますが、現実には名だたる大企業が合同会社の形態を選択しているという事実も見逃せません。

合同会社の会社設立した際の体験談を参考に

合同会社を設立するための登記申請に必要となる書類は、株式会社と比較して少ないですが、全てをひとりで作成するのはやはり大変です。
どのような内容の書類が必要で、どのような記載の仕方をすれば良いのかなど、初めてのことばかりで苦労してしまいます。
ただ、WEB上には会社設立をひとりでやったという体験談や口コミも数多くあることを考えれば無理な話ではないとも言えます。
実は特別な事柄やコツはないので、会社設立の手続きをすべて個人で行ことも可能なのです。
“合同会社の会社設立した際の体験談を参考に” の続きを読む

合同会社の会社設立の大まかなスケジュールは?

合同会社を設立するまでの大まかな流れをつかんでおくと、会社設立のスケジュールを立てやすいですし、会社設立の手続きもスムーズに進めることができます。
合同会社設立のスケジュールですが、まずは本店をおく所在地の管轄法務局がどこにあるのかを調べておくことをおすすめします。
各都道府県の中でも各地域に支局が設置されているので、最寄りの法務局を事前に確認しておくと良いです。
“合同会社の会社設立の大まかなスケジュールは?” の続きを読む

合同会社の会社設立登記をするために必要な書類

合同会社として会社設立登記をするために必要となる書類は、株式会社として会社設立する場合と比較してかなり少ないです。
それでも合同会社設立登記申請書として、登録免許税貼付台紙・会社保存用と法務局提出用の定款・出資金払込証明書・代表社員の印鑑証明書などを作成する必要があります。
それぞれの書類の内容や作成方法などについて、しっかりと理解しておくと書類の準備もスムーズに進みます。
“合同会社の会社設立登記をするために必要な書類” の続きを読む

合同会社として会社設立するための準備

合同会社を設立する場合には、会社登記をするために必要な書類の作成や、それに記載する内容を決めなければなりません。
会社設立時はとても多忙な時期ですから、事前に準備できるものは少しずつでも準備しておくことも必要で、そうすることで会社設立もスムーズに進みます。
“合同会社として会社設立するための準備” の続きを読む

合同会社として会社設立する際の手間を短縮するのなら司法書士へ依頼を

個人事業主ではなく合同会社という会社形態で活動するメリットは大きいので、会社設立を検討する方も少なくありません。
ただ、合同会社として会社設立するためには、設立登記をはじめとして面倒な手続きが多くあります。
自分で全ての手続きをすることは可能ですが、プロセスを熟知している司法書士に頼ってみるのもひとつの選択肢で、自分で手配するよりもスムーズに進みます。
“合同会社として会社設立する際の手間を短縮するのなら司法書士へ依頼を” の続きを読む

合同会社と株式会社の共通点と相違点を知って会社設立を

一般的に会社設立を考える際は、株式会社という会社形態を選択するケースが多いです。
しかし、2006年の会社法改正で合同会社という新しい会社形態が登場したことから、株式会社か合同会社かどちらを選択するのか迷うことも少なくありません。
そこで、株式会社と合同会社の共通点は何なのか、また株式会社と合同会社の違いは何なのを知っておくと、会社設立する際の参考の情報として役立ちます。
“合同会社と株式会社の共通点と相違点を知って会社設立を” の続きを読む

合同会社とその社員の定義とは?

会社を設立する際の形態としては、株式会社・合同会社・合名会社・合資会社といった4種類があって、会社法によりそれぞれ規定されています。
その中のひとつとなる合同会社とは、2006年に施行された新会社法によって認められた新しい会社の形態で、有限会社の代わりとして登場しました。
“合同会社とその社員の定義とは?” の続きを読む